Sumai 住まいの情報館

お知らせ

電話番号 0120-788-722

(株)山口企画設計

  • HOME >
  • お知らせ
一戸建てのセキュリティ対策

セキュリティ

住宅のセキュリティを考える時、マンションと比較して一戸建ては侵入経路も多く、
セキュリティが甘い印象があります。
どこにウィークポイントがあるのか、どんな対策が有効か、きちんと検証し、
大切な家族と財産を守るための十分な対策を施したいものです。

ここでは一戸建てのセキュリティ、防犯対策を高める方法について紹介します。

 
●一戸建ては狙われやすい?! 〜一戸建ての侵入窃盗状況〜
 

警視庁の統計(平成25年)によれば、昨年都内で起きた侵入窃盗(空き巣など)の認知件数は7,756件。
その中で、一戸建て住宅への侵入は1,972件とトップで全体の1/4(25.6%)を占めています。
この数字は、中高層住宅(マンション)への侵入826件と較べると約2倍以上の件数。
マンションなど集合住宅は、オートロックや監視カメラ、管理人の配置など、建物全体のセキュリティ体制が堅固なので、
残念なことに一戸建ての方が狙われやすい傾向にあるようです。

侵入窃盗 【侵入窃盗(空き巣)件数ワーストランキング】
   侵入場所            件数
1位 一戸建て住宅         1,972
2位 その他の住宅(アパートなど) 1,804
3位 その他の会社         1,011
4位 飲食店             849
5位 中高層住宅(マンションなど)  826

(平成25年警視庁統計第43表:侵入強盗¤侵入窃盗認知件数(場所別)より抜粋)

 
● どこから? どうやって? 一戸建てで侵入されやすい箇所
 

調査によると、空き巣の約7割が窓から侵入しています。
侵入方法は、ガラス破りが60.1%。その次の侵入手段として多いのが「無締まり」。

ピッキングなどよりもずっと多くの空き巣が、戸締りをしていない窓やドアから侵入しています。
これはどういうことでしょうか?

【空き巣の侵入口】
縁側・ベランダの窓            33.4%
居室の窓                 24.0%
その他の窓                  9.9%

空き巣の侵入 表出入口(玄関)             28.8%
その他出入口                 3.9%

【空き巣の侵入手段[一戸建ての場合]】
ガラス破り                60.1%
無締まり(窓や出入口を戸締りしていない) 31.2%
施錠開け                   4.9%
ドア錠破り                  1.8%
その他                    2.0%

(警視庁資料:生活安全課手集計より構成)

ヒントは、空き巣の侵入する時間帯にあります。 一戸建てに空き巣が一番入る時間のワースト5を見てください。
深夜や早朝といった「ひと気の無い時間」ではありません。 むしろ家にも街にもひと気がある時間。
その方が、住宅近くを人がうろついても不審がられず、逃げる時も周囲に紛れやすいのです。

【空き巣の侵入時間ワーストランキング[一戸建ての場合]】
空き巣の侵入時間    侵入時間          侵入件数
1位 20〜21時          175
2位 19〜20時          148
3位  6〜 7時          128
4位 21〜22時          122
5位 18〜19時          110

(平成25年警視庁統計第42表:侵入強盗¤侵入窃盗認知件数(場所別¤時間帯別)より抜粋)

空き巣の侵入時間を見ると、朝食や夕食前後の時間だということに気がつきます。
空き巣は必ずしも「家に人のいない時間」を狙って入る訳ではなく、「人が忙しくしている時間」を狙って侵入してきます。

気をつけましょう、こんな時!
   気をつけましょう、こんな時!

   ・ゴミ捨てに出た隙に   …… ⇒ 無締まりの玄関から侵入
   ・台所で調理中に     …… ⇒ 2階や遠い居室の窓から侵入
   ・1階で食事中に    …… ⇒ 2階の窓から侵入
   ・リビングで集まる時に  …… ⇒ 2階や遠い居室の窓から侵入、etc.
 

 
● すぐにできる一戸建ての防犯対策
 

セキュリティアップ


大切な家を空き巣に狙われないように、日頃から注意する点や、補強すると効果的な点など、
すぐにできる防犯対策を確認してセキュリティアップを心掛けましょう。



・ちょっとの間も施錠
 ゴミを出しに行く時や、近所へ回覧板を持って行く時など、“ちょっとだけ”の外出でも、玄関を施錠するようにしましょう。
 玄関から遠い庭で作業する時なども同様です。

・窓に補助錠をつける
 空き巣は「窓」から「ガラスを破って」侵入するケースが大部分。
 窓に2カ所鍵があれば、ガラス破りの危険性は激減します。ガラスを防犯ガラスに替えるのも効果的です。

・ドアに補助錠やガードプレートをつける
 泥棒は5分以内に侵入できない家を嫌います。
 玄関の錠を簡便な物からシリンダー錠など高性能の錠に変える、補助錠をつける、ドアとドア枠のすき間にガードプレートをつける、といった補強は有効。
 ドア自体も、丈夫な材質がおすすめです。

・外構の見通しを良くする
 コンクリート塀など視線を遮断する塀は、敷地内へ侵入する者の隠れ場所となります。
 開放型の柵の方が、セキュリティ効果が期待できます。

・足場になるような物を置かない
 家の周囲に、2階へ登る足場になるような物を置かないようにしましょう。
 物置やバイク、室外機などは置く場所に充分注意して下さい。脚立やはしごの出しっぱなしも危険です。

・近隣関係を良好に
 泥棒が恐れるのは、地域の目。
 見慣れない人が敷地内にいたら「ご用ですか?」と声をかけるなど、町内会や自治会で話し合っておくことも大切です。



 

一戸建ての方が狙われやすいとはいえ、以上のような策を立てておけばリスクも低くなるでしょう。
マンションと違って、ご自身で対策を立てるというのが肝心です。