Sumai 住まいの情報館

お知らせ

電話番号 0120-788-722

(株)山口企画設計

  • HOME >
  • お知らせ
部屋の広さに合わせたテレビサイズの選び方

テレビ


テレビを購入する時は、誰でも価格や機能・サイズを検討します。
検討しているサイズが部屋の広さに合っているか、考えて選んでいるでしょうか?
映像・オーディオ機器の場合、最適な視聴距離があります。

正しく知ってテレビライフをもっと楽しみましょう。



 
● テレビの視聴距離は?
 

通常、液晶テレビの最適な視聴距離のめやすは、「画面の高さの約3倍」です。*1

液晶テレビの最適な視聴距離 液晶TVのサイズ:画面の高:最適視聴距離
・32V型 : 約39cm : 約1.2m
・40V型 : 約50cm : 約1.5m
・46V型 : 約57cm : 約1.7m
・52V型 : 約65cm : 約1.9m
・60V型 : 約75cm : 約2.2m
・70V型 : 約87cm : 約2.6m

*1「最適な視聴距離のめやす」:シャープ
http://www.sharp.co.jp/support/advice/aquos/use_01.html

ブラウン管の時代、最適な視聴距離は、画面の高さの5〜7倍でした。
これはあまり近づくと画面の粒子の荒さが目立ったからです。
ハイビジョン化が進み画面が高精細になるほど、近くでも画像が荒れて見えないので、最適視聴距離が縮まりました。

 
● 部屋の広さとバランスの取れたテレビを選ぶ
 


視聴距離だけで考えた場合、1.9mの距離が取れれば6帖の部屋でも52V型の液晶テレビが置けます。
ですが、これはテレビ画面だけを中心に考えた場合。通常テレビは、テレビボードと呼ばれる置台の上に置かれます。

インテリア的には、テレビ本体よりテレビボードの幅が広いと、視覚的にも安定感よく見えます。
52V型が置けるテレビボードとなると、幅160〜180p。
これにソファが入ることを考えると、6帖では空間のゆとりが少ないかもしれません。
部屋の広さを考えると若干サイズダウンする方が、インテリア的に納まりが良いようです。

テレビサイズ 部屋の広さとのバランス目安 [テレビボードの場合]
・10畳以上 = 55型以上
・10〜8畳  = 46型
・8〜6畳  = 40〜37型
・6〜4.5畳 = 32型

上記のサイズは、あくまでも目安。
テレビの配置方法によっても、テレビサイズは違ってきます。
「壁掛け型」「壁面収納型」「家具一体型」などは、床にスペースを取らないので、大きめの画面でも比較的圧迫感を
感じずに見ることができます。

TVが生活の中でどれほどウエイトを占めるかによっても、サイズは変わってきます。
大画面で映像を見ることにウエイトを置く場合は、最適視聴距離で最大のサイズを選ぶことが可能です。

 
● 今テレビを購入する場合はフルハイビジョン以上のテレビがおすすめ
 

フルハイビジョン フルハイビジョンテレビとは、ハイビジョン放送(HDTV)やハイビジョンコンテンツ(ブルーレイなど)を、
完全に表示することが出来る仕様のテレビです。

日本のハイビジョンコンテンツは、
 ・1280 × 720   (衛星放送)
 ・1440 × 1080 (地デジ)
 ・1920 × 1080 (ハイビジョン放送やブルーレイ)

           の3種類の規格で作られていますが、フルハイビジョンテレビは、
           すべての映像をフルスクリーンで表示したり、録画したりすることが出来ます。

4K、8Kといった、従来のフルハイビジョン以上の解像度を持ったテレビも増えてきています。
4K以上のものは放送がまだ本格化していませんが(2015年2月現在)、最低フルハイビジョンの性能を持ったテレビの購入を
おすすめします。



 

家電量販店に置かれているテレビのサイズがどんどん大きくなり、我が家には置けないと思ってしまいがちですが、
8畳以上ある部屋なら、思ったよりも大きなサイズのものが置けます。
特に新しい家に引越しする場合などは、思い切って最新のテレビを購入してみるのも良いかもしれません。