Sumai 住まいの情報館

お知らせ

電話番号 0120-788-722

(株)山口企画設計

  • HOME >
  • お知らせ
市民が主役の盛大なイベント 第36回 所沢市民フェスティバル
 
市民が主役の盛大なイベント 第36回 所沢市民フェスティバル
 
平成27(2015)年10月24日(土)・25日(日) 10:00〜16:00、所沢航空記念公園と所沢市民文化センター「ミューズ」を会場として「第36回 所沢市民フェスティバル」が開催されました。この2日間はさわやかな秋晴れに恵まれ、多くの人々が会場を訪れました。ここでは24日(土)の様子をレポートさせていただきます。
 
快晴に早くから賑わいはじめた会場
24日(土)は10時前になると、早くも会場の航空記念公園は家族連れなどでにぎわいはじめました。特にフリーマーケットが行われる放送塔南側の通路は、少しでも早く回って掘り出し物を見つけようというフリマファンの熱気が漂い、独特の雰囲気でにぎわっていました。
 
たくさんのブースが並ぶフリーマーケット

たくさんのブースが並ぶフリーマーケット

 
 
多彩なイベントのそれぞれが大盛況
所沢市民フェスティバルの会場は、大きく次のように分けられていました。「フリマ&市民市場」、「市民活動&行政PR」、「スポーツ」、「カルチャー」、「所沢ブランド」、「キッズ」、「ミューズ横丁」です。それぞれに多くの来場者が集まっていました。
 
フリマ&市民市場
 
お天気はフリマ日和

お天気はフリマ日和

毎年恒例で人気沸騰なのは市民が出店するフリマと市場です。フリマでは掘り出し物の衣服や雑貨などが安く買えますし、市場では地元企業やお店の参加で飲食も含め魅力ある品がたくさん並んでいました。縁日を散策するような気分で楽しめました。
 
 
 
掘り出し物を探す人々

掘り出し物を探す人々

会場には地元でおなじみのお店もちらほら

会場には地元でおなじみのお店もちらほら

 
 
市民活動&行政PR
市民生活に身近な、福祉、消防、献血などのコーナーが設置されていました。福祉施設やボランティア団体の出展があり、消防音楽隊のブラスバンド演奏もありました。こうしたイベントをきっかけに、市民活動や行政のメッセージに触れることは有意義なことだと感じました。
 
福祉コーナーのブースで出会いが広がる

福祉コーナーのブースで出会いが広がる

消防音楽隊の演奏風景

消防音楽隊の演奏風景

 
 
スポーツ
スポーツの秋にふさわしく、随所で体力測定、グラウンドゴルフ、トランポリンなどが行われていました。また野球場では少年野球教室が開催され、社会人野球の選手が小学生に守備、打撃、走塁などを指導しました。
 
野球場では少年野球教室が開催

 

 
カルチャー
J:COM所沢ステージでは音楽ライブ、お笑いライブなどが行われ、屋外ステージ(ふれあいステージ)では市民による歌、演奏、ダンスなどジャンルを問わないパフォーマンスが繰り広げられました。またOTHER POSSE(アザーポッセ)会場ではダンス、スケートボード&ストライダーなどが披露されました。芝生広場で演じられた和太鼓も迫力満点でした。
 
J:COM所沢ステージでは全国お国自慢出店者のPRも

J:COM所沢ステージでは全国お国自慢出店者のPRも

ふれあいステージで披露されたフラダンス

ふれあいステージで披露されたフラダンス

 
 
所沢ブランド
所沢といえばコレでしょ!という誰もが知るブランドが勢揃い。また日本全国からふるさと自慢の逸品も集まり、たくさんの人が買物に熱中していました。自然災害で被災した地域の特産品なども登場し、所沢から日本の今を元気にするようなPRが行われていました。西武沿線ご当地コーナーのグルメ販売も人気でした。
 
所沢市や各地の観光協会がPRと物産販売

所沢市や各地の観光協会がPRと物産販売

 
ミューズ横丁
文化の殿堂らしく伝統あるパフォーマンスが披露されました。落語、大道芸(七味売り、がまの油売り、バナナ売り)、また針金細工、あめ細工、かるめ焼き、けん玉などが店を広げ、懐かしい雰囲気に高齢の方も多く集まってきました。ときおりチンドン屋さんが演奏しながら歩いてゆくのも風流でした。
 
ミューズ横丁のおしゃれな空間

ミューズ横丁のおしゃれな空間

柳家喬之助師匠(所沢市北秋津出身)の落語

柳家喬之助師匠(所沢市北秋津出身)の落語

 
 
チームワークでつくる長寿イベント
所沢市民フェスティバルは市民参加による「所沢市民フェスティバル実行委員会」が主催しています。また行政や地元企業も積極的に参加し、卓越したチームワークで運営されています。今年(2015年)で36回を迎える長寿イベントとして成功しているのも、地元所沢を愛する人々が一丸となって取り組んでいるからではないでしょうか。老若男女でにぎわう会場にはたくさんの笑顔があふれ、素晴らしい時間を過ごすことができました。
 
主催/第36回所沢市民フェスティバル実行委員会
後援/埼玉県・所沢市
特別協賛/西武鉄道株式会社、株式会社ジェイコムさいたま所沢局
協力/所沢警察署・所沢東消防署・埼玉県公園緑地協会・所沢交通安全協会・所沢市交通指導員連絡会・所沢市防犯協会・所沢市スカウト連絡協議会・所沢市連合婦人会・所沢明るい社会づくりの会
 
取材・文・写真/イワタハルユキ