Sumai 住まいの情報館

お知らせ

電話番号 0120-788-722

(株)山口企画設計

  • HOME >
  • お知らせ
水回りをいつもきれいに!

お風呂

年末に大掃除を済ませたピカピカの家で、
気持ちよく新年の暮らしをお楽しみの方も多いのではないでしょうか。
その快適な環境、いつまでも維持したいものですね。
ところが、すぐに汚れがちなのが水回り。
キッチン、バス、トイレはこまめなお掃除が欠かせません。
水回りのお掃除の「ちょっとしたコツ」をご紹介します。



 
● 水回りのお掃除に共通する三原則
 

掃除には各家庭でそれぞれのやり方があると思います。何かと汚れやすい水回りの掃除はどうしているでしょうか。水が関係するキッチン、バス、トイレには、お掃除するうえで守りたい三原則があります。

(1) 汚れるまえに掃除する
しつこい汚れがこびりついてしまうと、落とすのに手間が掛かり、お掃除自体が面倒になってしまいます。ホコリやカビや汚れが目に見えないうちにお掃除するのが効率的です。

(2) 見えないところも念入りに
器具の裏側や接合部などのせまい部分は、汚れのたまり場になります。古い歯ブラシや綿棒などを利用してきちんと掃除し、見えない部分の汚れも取り除きます。

(3) 窓や換気扇で十分に換気する
掃除中はホコリや菌が舞い上がって不衛生です。また家庭用洗剤には健康に要注意の成分も使われていますので、窓がある場合は全開に、換気扇がある場合は回すようにします。

掃除で用意する道具には次のようなものがあります。お風呂
【あると便利な掃除道具】
◎家庭用洗剤(塩素系、酸性系) ◎重曹、クエン酸、酢 ◎バケツ ◎ゴム手袋 ◎ぞうきん ◎スポンジ ◎古布 ◎ブラシ ◎わりばし ◎使い古しの歯ブラシ ◎綿棒 ◎爪楊枝 他



 
● キッチンの清潔感はシンクで決まる
 

キッチンキッチンの水回りではシンク(流し台)がもっとも汚れやすい場所。日頃からここに汚れを溜めないようにします。原因はほとんどが水垢と油汚れですから、こまめに拭いて洗い流します。一般的なやり方は塩素系台所用洗剤をスポンジにつけて洗い、こびりついた汚れがあればクレンザーで落とします。このとき注意したいのは、シンクがステンレスの場合、こまかい傷がついてしまうこと。これを避けたいならクレンザーを使わず、靴下やストッキングなどの柔らかい古布に洗剤をつけてこすり洗いをしましょう。片面に磨き素材が貼ってあるスポンジを使うときは、その部分を使わないようにします。

シンクでは排水口も汚れやすいところです。特に接合部などに黒ずみが出がちですので、これも塩素系台所用洗剤をスプレーして洗い、こまかい部分は爪楊枝や綿棒で掃除しましょう。汚れを放置するとカビが繁殖するので要注意です。

また、シンクの掃除で見落としやすいのが蛇口です。接合部や作動する部分などこまかく入り組んだところを念入りに掃除しましょう。金属部分はピカピカに光らせておくのが基本です。もし水垢などでくもりが出た場合はクエン酸を利用して掃除します。方法は、クエン酸をぬるま湯で溶き、どろんとした状態でペーパータオルなどに塗り、それを金属部に貼って3時間くらい放置してから、古布などでこすり洗いします。

なお、塩素系家庭用洗剤には「混ぜるな危険」と大きく表示がしてあると思います。これは酸性系の洗剤やクエン酸と混ぜると塩素ガスが発生して人体に有害だからです。絶対に混ぜて使わないようにしましょう。

 
● お風呂掃除はカビとの戦い
 

お風呂の汚れは大きく分類すると2種類あります。ひとつは湯垢と石けんカスで、もうひとつはカビ(菌類)です。水垢と石けんカスはアルカリ性ですからお風呂用洗剤や重曹で簡単に取れます。カビの場合には除菌機能のある塩素系家庭用洗剤が効果的です。

浴槽は湯垢と皮脂による汚れがほとんどです。お風呂用洗剤や重曹をつけたスポンジなどでひと拭きし、30秒ほどおいてから洗い流します。もしもひどい汚れがあるときは、部分的に古布などでこすり洗いをします。

浴室内は「入浴したらすぐに軽く拭き掃除」で、汚れやカビを予防するのが一番です。できてしまった汚れやカビは小さいうちに取り除きましょう。浴槽と同じように、石けんカス、湯垢、皮脂などは洗剤で簡単に取れるので洗い流します。

問題はカビです。
カビは菌類ですから生きています。そのまま放置すると、いつの間にか大きく広がる恐れがあります。カビを根絶するにはカビ取り洗浄剤(カビキラーなど)を利用します。単に吹きかけるだけでなく、そのままの状態で6時間以上置くのがコツで、その間は乾燥しないよう上からラップを貼りつけるのが裏技です。タイルの目地など細かい部分のカビは歯ブラシや綿棒などで対処します。充分に時間が経ったらシャワーでよく流します。作業するときは必ずマスクをし、換気にも気をつけましょう。

排水口には塩素系家庭用洗剤をスプレーし、3分ほど放置してから水を流します。また、排水口の奥に汚れが蓄積すると詰まりや悪臭の原因になるので、こうした場合は重曹と酢を活用する裏技があります。ただしどこかに塩素系洗剤を使ったときは混ざらないようよく洗い流してください。


スプレー@排水口に重曹を粉末のままカップ2分の1くらい流し込みます。
A同じくカップ2分の1くらいの酢を流し込みます。
Bさらにカップ2分の1くらいのお湯(40度前後)を流します。
Cそのまま30分放置します。重曹と酢が反応を起こして泡立ち、汚れを浮かせます。
Dお湯で洗い流します。



 
● トイレはきれいな場所!
 

トイレトイレ掃除でもっとも大事なのはマインドセットです。あなたは「トイレは汚い場所」、「不衛生な場所」と思っていませんか? あるいは用を足すときだけ利用して、あとはなるべく見ないようにしていませんか? トイレに対するそうした嫌悪感が、トイレをさらに不快な場所にし、汚れていく原因になります。「トイレはきれいで気持ちがよい場所」とマインドセットを変えることで、不思議なほどきれいになっていきます。

本格的なトイレ掃除は週に1回もすれば充分です。そのかわり日頃から「ちょっとした掃除」を心掛けてください。トイレを使ったとき、便器、便座、床などを汚したらトイレットペーパーでサッと拭き取ります。ウオータータンクに結露ができていたら、ぞうきんで拭いておきます。この習慣をつけるだけでも、トイレはかなりきれいに保たれます。

本格的なトイレ掃除のときでも見落としやすいのが、便座の裏側と接合部です。ここには跳ね返った水などが汚れとなって溜まりがち。トイレ用洗剤を含ませた濡れぞうきんなどでひと拭きし、こまかい部分は綿棒でこすり洗いしましょう。

トイレはプラスチック(便座など)、陶器(便器など)、金属(パイプなど)が入り組んで使われているのが特徴です。本格的に掃除するときは、それぞれに合った道具を選び、傷をつけないようにしましょう。プラスチックや金属は柔らかい古布で、陶器は研磨素材の付いていないブラシを使うようにすれば安心です。



 
● 快適な環境はこまめなお掃除から
 

キッチン最近は書店でも掃除をテーマにした本や雑誌をよく見かけます。それらは掃除のテクニックを教えるだけでなく、その精神的効用を説いていることが多いようです。
たしかに掃除をしたあとは部屋が明るくなり、衛生的で、気分もよくなります。掃除をした!という達成感も自信につながります。特に今回ご紹介した水回りは暗くなりがちな場所ですので大事なポイントになるはず。快適な環境はこまめな掃除から生まれます。

ご紹介した裏技を使いながら、きれいに掃除してみてください。きっと気分一新できることでしょう!