Sumai 住まいの情報館

お知らせ

電話番号 0120-788-722

(株)山口企画設計

  • HOME >
  • お知らせ
キャッチ
念願の一戸建てが完成して、いざ荷物を運び込んだら、荷物にスペースを取られてしまい、想像以上に部屋が狭くなってしまったという話をよく耳にします。
このような事態を避けるためには、ご家族の荷物の量をしっかりと把握して、それに合わせた収納スペースを確保する必要があります。

今回は、新しい住まいに引っ越す準備をする際に役立つ、荷物の管理方法についてご紹介します。

 
必要な荷物をリストアップしよう

新しい住まいで、収納スペースを決めるためには、「今どれくらいの物があるのか」、どれくらいの収納スペースが必要なのか」、そして「今後どれくらい物が増えるのか」を把握することが大切です。

「収納品・収納場所計画書」を作成することによって、家族それぞれの荷物の量を把握することができ、間取りを決める際に、必要な収納スペースを設計士に伝えやすくなります。また、事前に処分した方が良いものも分かるようになるので、余計な荷物を減らすことができます。

まずは「収納品・収納場所計画書」のサンプルを見ながら、ご自宅にある荷物をリストアップしてみましょう。

 
荷物の量を把握しよう

まずは、現在、家の中にどれくらいの荷物があるのかを確認するために、家族全員分の荷物をそれぞれ書き出してみましょう。
毎日着ている洋服や靴などの衣料品をはじめ、旅行の際に使うスーツケース、ひな飾りや五月人形、クリスマスツリーなど季節ごとのイベントに使うものまで、すべてを書き出してみると、想像以上の荷物の多さに驚く人も多いでしょう。

書き出し終わったら、そこから使うものと使わないものに仕分けをしていき、必要のないものは処分して荷物を整理していきます。
 
これから増える荷物のことも忘れずに

現在の荷物の量を把握したら、これから増える荷物を書き込んでいきましょう。
例えば、小さなお子様のいるご家庭では、成長に合わせて学習机や寝具などの荷物が増えていきます。今ある荷物だけでなく、このような将来増える予定の荷物も、収納できるスペースを確保しておくことが大切です。
また、それと同時に将来不要になる荷物も、ある程度視野に入れておくことも忘れないようにしましょう。
 
収納スペースを考える
リストアップした荷物の量や使用する頻度などを基に、何をどこへ収納していくのかを決めていきましょう。

この時にポイントとなるのが、家族が起床してから就寝するまでの動線をイメージすることです。動線に合わせた収納スペースを設置することによって、新居での生活はより快適なものとなるはずです。

また、一戸建てでの新生活が始まると、その生活スタイルに合った新しい物が必要になるため、今よりもさらに荷物が増えてくるでしょう。
引っ越しをする前に、現在の荷物をしっかりと整理して、新しい生活をスタートするための準備をしておきましょう。



荷物の量を把握しながら収納計画を立てることで、新しい住まいに収納スペースを確保しやすくなります。
今回ご紹介した「収納品・収納場所計画書」を活用しながら、新しい住まいを住み心地の良いものにしましょう。