Sumai 住まいの情報館

お知らせ

電話番号 0120-788-722

(株)山口企画設計

  • HOME >
  • お知らせ
キャッチ
長引く不安定な経済状況や少子高齢化などの影響からか、2世帯住宅を選択する人が増えています。そして、ここ数年で注目されているのがこれまでの2世帯住宅に0.5世帯を加えた「2.5世帯住宅」です。

「2世帯住宅」と、時代の流れを受けて誕生した新しい住まいの形ともいえる「2.5世帯住宅」とはどのようなものなのかご紹介していきます。


 
2世帯住宅とは

「2世帯住宅」とは、2世帯が同じ建物に暮らす住宅のことです。

2世帯住宅のメリットは、共働きをする子世帯の育児を親世帯が手伝うことができることや、親世帯の老後を子世帯側が見守ることができることです。
このように世帯間でお互いを助け合うことができるので、安心感に包まれながら生活をすることができます。

2世帯住宅の間取りの取り方は、大きく分けて3つあります。 親世帯と子世帯がそれぞれに玄関を作り、1階と2階とで居住空間を完全に分けた「分離型」、キッチンやリビングダイニングなど住まいの一部分だけを親世帯と子世帯とで共有した「部分共有型」、寝室以外の全ての居住スペースを一緒に使う昔ながらの同居スタイルである「共有型」です。

 
2.5世帯住宅とは

「2.5世帯住宅」とは、従来の2世帯住宅に加えて、兄弟姉妹などの単身者が一緒に暮らす住まいのことを言います。

2.5世帯住宅という考え方がまだ根付いていなかった頃は、未婚の兄弟姉妹が2世帯住宅に同居する場合、結婚までの仮住まいとして生活をするというケースが一般的でした。
それに比べて、現在の2.5世帯住宅は、単身者である兄弟姉妹がずっとそこに住み続けることを前提とした住まいづくりをするのが特徴です。

2.5世帯住宅は、家族全員が一緒に住むことによる安心感はもちろん、家の中に働いている世帯が増えることで、家を建てる時の購入資金をより多く集めることができることなど、多くのメリットがあります。
 
2世帯・2.5世帯住宅を建てるときに考慮しておくこと

東日本大震災以降、家族で揃って生活をすることを望む人が増えています。

しかし、価値観や生活スタイルの異なる世代で共に暮らす場合には、自分達のことだけではなく、同居する家族ひとりひとりのために、様々な工夫が必要だということを覚えておきましょう。
例えば、これから家族が増えた時のために子供部屋を作ることも考えた間取りにすることや、親世帯の老後を見すえてバリアフリーを施すなど、住む人それぞれの年齢に対して配慮が欠かせません。

また、家を建てる時だけではなく、生活する上で必ず必要になってくる、子供の教育方針や光熱費、生活費の割合などについては、ご家族皆さんの共通の認識として、話し合っておきましょう。



同居するご家族全員が安心して生活するために、必要に応じて専門家にも相談しながら、ご家族皆さんでよく話し合い、どのような住まいにするのかを決めていくことをオススメします。