Sumai 住まいの情報館

お知らせ

電話番号 0120-788-722

(株)山口企画設計

  • HOME >
  • お知らせ
キャッチ
オーガニック食品や無添加食品など、食べ物に対する健康志向が高まっているのと同じように、住まいにも健康的な自然素材を取り入れたいと考える方が増えています。
漆喰を使った壁や無垢材の床など、自然素材を使った家は快適な生活を実現するだけでなく、シックハウス症候群の予防にも効果的です。

これらの「自然素材」を住宅に取り入れるメリットや、その特徴などについてご紹介します。

 
自然素材を使用した住宅はアレルギーが起きにくい

「シックハウス症候群」とは、頭痛や鼻炎、皮膚炎、喘息などのアレルギー症状を引き起こすことがある深刻な病気で、壁紙の貼り付けに使われる接着剤や建材などの防腐剤に含まれる化学物質から発生する有害ガスが原因とされています。

自然素材を使用した住宅は、自然由来の材料のみで作られているため、シックハウス症候群の原因となる有害ガスが発生しません。そのため、住宅が要因となるアレルギー症状を引き起こす心配は少なくなります。 また、自然素材そのものが空気を浄化したり湿気を調節したりする働きをするため、アレルギー体質の方の症状を軽減させる効果があるといわれています。

自然素材の代表的な例では、サイディングやクロスの代わりに使われる漆喰、天然の接着剤として使われている米糊やにわか、防腐、防虫、防カビ効果がある柿渋、塗装をせずに自然の風合いを楽しむ天然無垢材、断熱材としても使われる炭化コルクなどがあります。
最近では、これらの自然素材にこだわった「無添加住宅」も人気です。
 
自然素材の住宅は手入れをすることで長く住める

自然素材に魅力は感じるけれど、耐久性の面で不安を感じるという方も少なくありません。しかし、自然素材のほとんどが古くから日本で使われてきたものであり、今でも日本に数多くの歴史的建造物が残っていることは、自然素材の耐久性の高さを証明しているといっても過言ではありません。

一方で、自然素材は呼吸をする生きた素材なので、日々の手入れが大切になります。
例えば、土蔵の白い壁にも使われている漆喰は、防火性が高く、固くて強いのが特徴ですが、汚れた箇所からカビや環境の変化で割れが発生する場合があります。汚れがついた場合には硬く絞った布で拭く、割れが発生した場合は、塗足すなどが必要です。

他にも、無垢材を利用した床は、夏はさらさらとした触り心地で、冬は優しい温もりを感じることができるのが魅力です。もし、汚れやシミなどが気になる場合には、エゴマ油と蜜蝋でつくられた自然素材のワックスを塗ることで対処しましょう。

また、自然素材を使用した住宅は、住み続けるほどに色合いが変化します。このような深い味わいが楽しめるのも自然素材ならではの魅力のひとつだと言えます。
 
環境にも優しい住宅

現代の日本の住宅は、平均寿命がおよそ30年と言われています。寿命を迎えては建て直すというサイクルを繰り返していくには、莫大なエネルギー資源を消費しなくてはなりません。

その点、古くから日本に伝わる自然素材を使った住宅は、耐久性が高く寿命が長いだけでなく、寿命を迎えたあとも自然に返っていく素材ばかりです。無駄なエネルギー資源を使わない循環可能な自然素材の家は、時代のニーズにあった環境に優しい住宅だと言えます。


自然素材を使用した住宅は、過ごしやすいというだけでなく、耐久性の高さ、寿命の長さなど、注目すべき点が多くあります。想いを込めた住まいに長く住み続けたい――そんな想いを実現してくれます。 現在、そして未来に求める住まいの形をイメージした上で、自然素材を住まいに取り入れてみてはいかがでしょうか。