Sumai 住まいの情報館

お知らせ

電話番号 0120-788-722

(株)山口企画設計

  • HOME >
  • お知らせ
キャッチ
11月29日(土)に開催された所沢市みどりのふれあいウォーク(主催/所沢市・西武鉄道株式会社)。このウォーキングイベントは西武池袋線・新宿線「所沢駅」東口から自然豊かなコースを「航空公園駅」東口まで散策するというもの。気分爽快に歩けるだけでなく、雑木林あり、神社あり、公園ありといった美しい風景も魅力です。今回、記者も実際に参加して歩いてみました。
多彩な自然を楽しみながらマイペースで歩くウォーク参加者たち
多彩な自然を楽しみながらマイペースで歩くウォーク参加者たち

 

まず、ウォーキングコースについては次のとおり。
●西武池袋線・新宿線「所沢駅」東口 → ●谷戸崎保存樹林 → ●JAいるま野松井農産物直売所 → ●牛沼市民の森 → ●所沢カルチャーパーク → ●所沢航空記念公園 → ●西武新宿線「航空公園駅」東口

このイベントは、雨天決行(荒天中止)、参加費無料、当日受付(事前申し込み不要)、自由参加となっており、当日の気分や都合で気楽に出欠を決められるのが特長です。当日は昼ごろから雨になるという天気予報が出ていましたが、スタートの午前9時前には多くの参加者が受付に行列をつくっていました。
スタートを待つ参加者たち
スタートを待つ参加者たち

 

受付は午前9時〜10時30分と決められており、その時間内にそれぞれ受付を済ませ、自由にスタートします。記者は9時前には用紙に簡単な必要事項を記入して列に並び、9時10分ごろには受付を済ませてスタートすることができました。
 
せせらぎと農地の合間を歩く
せせらぎと農地の合間を歩く

 

はじめのうちは市街地や住宅街を歩きますが、やがて徐々にみどりが増えてきて谷戸崎保存樹林を通過。ここには農地や雑木林があり、きれいな紅葉も見られました。この時点では脚もまだまだ元気で、記者も快調に歩きます。途上の「JAいるま野松井農産物直売所」では新鮮な所沢産野菜を売っていたものの、荷物ができるのでウォーキング中は買物をあきらめ、後日また来ようと思いました。歩行中はここだけでなく、沿道の農地でも野菜の直売風景が見られました。
 
地元農家が畑でとれたての野菜を直売
地元農家が畑でとれたての野菜を直売

 
 
所沢の特産品である狭山茶の畑もある
所沢の特産品である狭山茶の畑もある

 

所沢市立牛沼小学校の横を通過し、東川沿いに歩くと、牛沼市民の森が見えてきます。この森の中心にあるのが神明神社。祭神は天照大神で、享保9年(1724)に所沢村の所澤神明社より分社されたといいます。境内には神域ならではの清らかな気が満ちています。ウォーク参加者も多くの方がお詣りしていました。
 
神明神社
神明神社

 
 
順路に沿って市民の森を進む
順路に沿って市民の森を進む

 
落葉にかこまれてひと休み
落葉にかこまれてひと休み

 

市民の森を出ると、国道463号線(通称行政道路)へ。ここの日本一長いケヤキ並木を眺めつつ歩道橋を渡り、しばらく歩いて所沢カルチャーパークに入ります。ここは広大な平地林が自然公園として整備され、いろいろな植物や生物が観察できる場所です。またデイキャンプのできる施設なども用意されています。
 
所沢カルチャーパークの黄葉
所沢カルチャーパークの黄葉

 
所沢カルチャーパークを出るとゴールまであと4kmとのこと。そろそろ記者の脚も重くなってきました。ここからは一路、航空公園をめざして市街地を歩きます。有名な航空管制センターの横を通過し、いよいよ所沢航空記念公園へ。ここのイチョウ並木はすでに黄葉が終わりかけていて少し残念でしたが、参加者はそれぞれ風景を楽しみながら歩いていました。
 
航空公園のイチョウ並木
航空公園のイチョウ並木

 
所沢航空記念公園は、かつて日本初の飛行場(所沢飛行場)があった場所。明治44年(1911)にアンリ・ファルマン号が初飛行を成功させたことで、わが国の「航空発祥の地」と呼ばれています。面積は約50ヘクタールと広大で、現在は緑豊かな市民の憩いの場となっています。
 
航空公園のシンボルC-46
航空公園のシンボルC-46

 
記者は9時10分にスタートし、11時5分に航空公園駅東口にゴールすることができました。幸いウォーキング中は雨に降られませんでしたが、11時15分ごろから雨が降り出し、お昼前には本降りになりました。遅めにスタートした参加者は大変だったかもしれません。しかし、レインウェアなどを用意していた人がほとんどで、さすがウォーキングの基本を踏まえた人が多いと感心しました。
みどりのふれあいウォークのゴールと所沢観光物産展
みどりのふれあいウォークのゴールと所沢観光物産展

 

いまさら言うことでもありませんが、ウォーキングでは「歩きやすい服装と靴」、「軽食や飲み物」、「カッパなどの雨具」、「身分証明書や健康保険証の控」などが大事だそうです。歩きの前後に軽い体操やストレッチをしておくことも忘れないようにしましょう。

所沢の自然のなかを歩くことができ、とてもさわやかなイベントでした。こうしてせっかく9kmも歩いたのですから、これをきっかけにウォーキングを始めようかと思う記者でした。ご覧のみなさまも身近な自然の中をウォーキングしてみてはいかがでしょうか。
 
(取材・文・写真/イワタハルユキ)